ミニチュアの本

弁護士やプロの士業は人々や企業を助けてくれる|敏腕が守る

それぞれの概要

スーツ

行政書士とは所謂「士業」は、余にいくつかあります。その中でも行政書士は、法律の専門家としての入り口であり、ステップアップのための登竜門として捉えている人も少なくありません。行政書士として開業するには、中々最初は苦労しますが、独立開業している行政書士や、中には複数のスタッフを雇って法人事務所として幅広く活躍している行政書士もいます。行政書士になるには、年一回の試験を受ける他、公務員として一定期間以上勤務すれば資格を得ることもできます。弁護士とは弁護士は、法律の専門家として活動する士業の中でも最難関の資格の一つと言えるかもしれません。法律系の大学を卒業するだけではなく、司法試験をパスして弁護士になるには、いくつかの難関が待ち構えています。民事裁判、刑事裁判などの弁護人としての業務が有名ですが、企業の顧問弁護士として活動していた弁護士も多いです。最近では過払い請求に苦しむ債務者の救済を主な活動としている弁護士事務所も増えています。法律全般の弱者の味方となり得るのが弁護士です。税務のプロの税理士は、行政書士や弁護士など法律のプロとは違い、税務・会計のエキスパートです。税理士も難関資格で、税理士事務所に勤務しながら何年かかけて資格を取得する人は少なくありません。顧客は法人に限らず、個人にも需要があります。取り扱う代理業務は、法人対象であれば税務調査や決算対策、個人対象であれば相続税対策などが有名です。最近ではセミナーを主催したりメルマガを発行したりして啓蒙活動に取り組み、コンサルティング業務に力を入れている税理士も少なくありません。数字が苦手という人の頼もしい味方と言えるでしょう。